Seven Hills Adventure セブンヒルズアドベンチャー SINCE2002

ホーム > キッズアドベンチャーTOP > 親子で沢登り!/奥武蔵編

親子で沢登り!/奥武蔵編(埼玉県)
奥武蔵の清流で沢登りに挑戦!次々現れる大小の滝を水に思いきりアタックしながら登りましょう!危険な場所はスタッフがロープでしっかり確保いたしますので安心してご参加下さい。冒険好きなご家族のご参加をお待ちしております!
スペース
ツアーの詳しい内容は写真付きレポートをチェック!
ツアーレポート
ツアーレポート
ツアーレポート
スペース
 
申し込む
line
日程 2021年 7月27日(火)、8月4日(水)、8月17日(火)
line
集合 西武池袋線 飯能駅 AM9:00
line
解散 同駅 16:30頃予定
line
ご参加対象 親子、もしくはお子様のみ
※お子様の対象年齢は、小学3年生〜中学3年生となります。
(リピーター様のご家族に限り小1からご参加可)
※小学3年生以下のお子様には、必ず保護者の方がご同伴下さい。
line
レベル 体力:★★★★★ 技術:★★★★  ※体力・技術度について
line
その他 車○ 荷物○ 温泉○ ※詳しくはこちら
line
行動時間 約4時間
line
ご参加費 6,000円/ガイド料・保険料含む
line
申し込み期間 イベント開催の2日前、もしくは満席になり次第。
空席状況はイベントカレンダー

持ち物
 
デイパック
背中の保護になりますので必ずお持ち下さい。中身の防水対策をお忘れなく。
(ザックカバーは役に立ちません)
 
渓流シューズ
大人の方にはレンタルシューズ(22.5〜29cm)をご用意しておりますので、
体力に自信のない方や、沢登りが初めての方は、
出来るだけレンタルシューズ(別途1,000円)をご利用下さい。
なお、お子様や、沢登りご経験者等は、
スニーカーやウォーターシューズでお越しいただいても結構です。
いずれにしても靴紐やベルクロ等でしっかりホールドできるものをお持ち下さい。
(脱げやすい靴、歩きにくい靴は不可です)
なお、サンダルなど足の保護ができない靴ではご参加いただけません。
※防寒および足の保護のため、どのような靴でも必ず靴下をご着用下さい。
※スニーカーでお越しの場合、メーカーは何でも結構ですが、
 サッカー用やトレラン用など靴底の凹凸が激しいものは、
 濡れた岩の上では滑りやすく不向きです。
※スリッポンタイプのウォーターシューズは水圧で脱げることがあり、
 また、靴底が薄いタイプだと長時間の歩行に向きませんので、
 ホールド力があり、靴底がしっかりしたものをご用意下さい。
 
靴下
足の保護、防寒になりますので必ずご着用下さい。
ウール製(登山用など)やネオプレン製が保温性が高くお勧めです。
 
防寒着
レインウェアやウインドブレーカーなどをご用意下さい。
寒さが苦手な方は上記に加えてフリースをお持ちいただくとさらに安心です。
 
防水バック
昼食など濡らしたくないものを入れる際必要です。
ジップ付きビニールやコンビニのビニール袋でも可。
 
昼食
昼食の時間はしっかりとります。おにぎりやパンなど各自ご用意下さい。
 
飲み物
お一人500mlを目安にお持ち下さい。活動中は身体が冷えますので、
魔法瓶に温かい飲み物を入れてお持ちになるのもオススメです。
 
着替え替え靴タオル
ツアー中は持ち歩きません。
 
保険証
 
★コンタクトの方はスイム用ゴーグル、メガネの方は眼鏡バンドをお持ち下さい。
★ヘルメット・ハーネス・環付きカラビナはこちらでご用意します。
 
持ち物
 
〜沢の水は真夏でも冷たいので防寒対策をしっかり整えてご参加下さい〜
 
全身ズブ濡れになりますので、シャツとズボンは必ず
 化繊100%(ナイロン・ポリエステル等)のものをご着用下さい。
 伸縮性のあるジャージやアウトドアウェアなどが最適です。
 
綿素材のウェアは濡れると動きにくく身体も冷えるため絶対に不可です。
 
防寒および怪我防止のため肌を露出しない服装でご参加下さい。
 
防寒対策としてレインウェアやウインドブレーカーなどをご用意下さい。
 寒さが苦手な方は上記に加えてフリースをお持ちいただくとさらに安心です。
 
下着がわりに水着をご着用下さい。
 
寒いのが苦手な方は化繊のアンダーウェアを着用されることをおすすめいたします。
 
足の保護、防寒用に必ず靴下をご着用下さい。
 ウール製(登山用など)やネオプレン製が保温性が高くお勧めです。
 
ウェットスーツがあるとかなり積極的に遊べます!お持ちの方は是非ご持参下さい。
 ウェットスーツ着用の場合、ウインドブレーカーやフリース等はなくても大丈夫です。
 
※ウェアのレンタルはございません。
 
持ち物
 
沢登り専用の靴( 渓流シューズ)が足元が滑りにくくオススメですが、
お持ちでない場合はスニーカーやウォーターシューズでも可です。
スニーカーやウォーターシューズでお越しの方は
靴ヒモなどでしっかりホールドできるものをお持ち下さい。
また、サンダルなど爪先の保護ができない靴は絶対に不可です。
 
※大人用のみレンタルシューズをご用意しております。
※お子様用のシューズのレンタルはございません。
 

 
親子で沢登り画像1
 
親子で沢登り画像2
 
親子で沢登り画像3
 
親子で沢登り画像3
 
親子で沢登り画像4
 
親子で沢登り画像5
 
親子で沢登り画像6
 
親子で沢登り画像7
申し込む

ページトップへ