Seven Hills Adventure セブンヒルズアドベンチャー SINCE2002

  1. ホーム> シャワークライミングTOP> シャワークライミングの持ち物・服装について
シャワークライミング

シャワークライミングの持ち物・服装について

■ツアーに必要な持ち物

ツアーを安全かつ存分にお楽しみいただくため、下記をご用意下さい。
なお、コースによって必要な持ち物が異なる場合がございますので、ご参加の際は、各コースの詳細ページをご参照下さい。

沢登り専用シューズ

沢登り専用シューズ(初級・初中級のみ有料レンタルあり)

沢は足元が滑りやすいため、安全かつ存分にお楽しみいただくためにも沢登り専用シューズ(ハイパーVでもOK)をお持ち下さい。なお、初級と初中級コースではレンタルシューズ(1,000円)をご利用いただけます。
※中級・上級コースは沢登り専用シューズ(ハイパーVでもOK)をご持参いただける方が対象となります。

デイパック

リュック(初級・初中級のみ有料レンタルあり)

転倒時に背中の保護になりますので必ずお一人ずつお持ち下さい。昼食・飲み物などを入れて行動します。中までびしょ濡れになりますので中身の防水対策をお忘れなく。なお、初級と初中級コースではレンタルリュック(リュック+防水バッグで500円)をご利用いただけます。

防水バッグ

防水バッグ(初級・初中級のみ有料レンタルあり)

リュックの中の濡らしたくないもの(昼食など)は防水バッグに入れます。ジップ付きビニールやコンビニのビニール袋(できれば2重)でもOKです。なお、初級と初中級コースではレンタルリュック(リュック+防水バッグで500円)をご利用いただけます。

沢登り用のウェア

沢登り用のウェア

全身びしょ濡れになりますので、必ず上下とも化繊のウェアをご用意下さい。アウトドアウェアやスポーツウェアが速乾性と伸縮性があり最適です。なお、綿素材のウェアは濡れると身体が冷えるので絶対に不可です。
[ウェアリングの一例]
<上>化繊のインナー(アウトドア用の防寒肌着など)+化繊の長袖シャツ+ウインドブレーカー
<下>厚手のスポーツタイツ+化繊のハーフパンツ

フリース・雨具などの防寒着

フリース・雨具などの防寒着

寒さがご心配な方は、上記に加えてフリースや雨具などの防寒着をご用意下さい。

no image

アウトドア用の防寒肌着

寒さがご心配な方は、アウトドア用の防寒肌着(できれば上下)があると快適です。お持ちの方は是非ご持参下さい。

no image

水着、もしくはアウトドア・スポーツ用の下着

綿素材の下着は濡れると身体が冷えますので、水着(もしくはアウトドア・スポーツ用の下着)をご着用下さい。

ウェットスーツ

ウェットスーツ

思いっきり水にアタックしたい!という方は、是非ウェットスーツをお持ち下さい。厚さ3mm程度のものが最適です。ウェットスーツ着用の場合、その他のウェアは基本的に不要ですが、写真映えなどを考えると、ウェットスーツの上にTシャツと短パンを重ね着するスタイルがオススメです。

靴下

靴下

足の保護および防寒のため、必ず靴下をご着用下さい。ウール製(登山用など)やネオプレン製(ウェットスーツ素材)が保温性が高くオススメです。なお、レンタルシューズの方も必ず靴下をご持参下さい。

手袋

手袋

手の怪我がご心配な方はご用意下さい。手のひらにグリップ加工がある作業用グローブがオススメです。(安価なもので構いません)

no image

スイム用ゴーグル・メガネバンド

コンタクトレンズの方はスイム用ゴーグル、メガネの方は眼鏡バンドを必ずお持ち下さい。

no image

着替え・替え靴・タオル

全身びしょ濡れになりますので、必ず着替え・替え靴(サンダル等でOK)・タオルをご用意下さい。活動中は持ち運びませんので、防水バッグなどに入れる必要はありません。

no image

昼食・飲み物

昼食休憩はツアー中にとりますので、おにぎりやパンなどを各自ご用意下さい。飲み物はお一人500mlを目安にお持ち下さい。活動中は身体が冷えますので、魔法瓶に温かい飲み物を入れてお持ちになるのもオススメです。

no image

保険証

万が一に備えてご用意下さい。




ページトップへ